鎧袖初雁雑事記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『近江が生んだ知将 石田三成』

<<   作成日時 : 2009/04/15 20:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

石田三成を単なる豊臣家への忠義立てから関ヶ原の合戦をひきおこしたのではない、とし、江戸時代の「姦臣」「忠臣」の枠組みから脱却を図った評伝です。著者の太田浩司氏は、長浜城歴史博物館の学芸員として、石田三成について研究を重ねてこられた方です。その太田氏が描く三成像は「構造改革を成し遂げた人物」。つまり、三成は戦国時代と決別するべく新しい政治・社会システムを構築したことを評価されています。そして、徳川家康と争う結果となった関ヶ原の戦いも、とどのつまりは、国家構想をめぐる戦いであったと説明されています。
近年、発見された嶋左近の名がある文書も収録し、解説を加えられているのをはじめ、最新の研究成果が盛り込まれた、New石田三成伝です。
巻末の古文書釈文集は石田三成関連文書27点が集められていて、資料集としても使えます。

主要目次は以下の通り。

はじめに

一 三成の誕生と出仕
    石田三成の人物像/三成の出生地と祖先/三成と秀吉との出会い/父と兄─正継と正澄─
二 秀吉の家臣として
    賤ヶ岳合戦前後の三成/奉行としての三成/薩摩島津氏と三成/博多復興と筑前代官
三 天下人秀吉と三成
    小田原北条氏攻めと三成/常陸佐竹氏と三成/奥羽仕置と三成/朝鮮出兵と三成
四 佐和山城主 石田三成
    佐和山城主時代の三成文書/三成が佐和山領に出した村掟/佐和山城の城と城下町
五 西軍の関ヶ原
    信濃真田氏と三成/直江兼続と石田三成/西軍の関ヶ原/石田三成の捕縛/佐和山城の戦い

おわりに─三成の改革が目指した社会と精神─

古文書釈文集


近江が生んだ知将石田三成
楽天ブックス
淡海文庫 著者:太田浩司出版社:サンライズ出版(彦根)サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:20


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
弊社刊行物を取り上げていただき、誠にありがとうございます。書籍データページのリンク集に加えさせていただきました。
http://www.sunrise-pub.co.jp/isbn978-4-88325-162-9/
今後ともよろしくお願い申し上げます。
sunrise
2009/04/16 17:30
sunrise様。当ブログにおこしいただきありがとうございます。御社の出版物はいつも楽しみにしております。
今回の『石田三成』は著者様から賜ったものです。
三楽堂
2009/04/19 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『近江が生んだ知将 石田三成』 鎧袖初雁雑事記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる