鎧袖初雁雑事記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第十八回「義の戦士たち」2009.5.3

<<   作成日時 : 2009/05/04 00:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

魚津城潜入は海から、というのはいいですが、兼続(妻夫木聡)が堀を泳いでわたるシーンは「ありえない」シーンだけに、せめてもう少しカメラアングルにこだわって欲しかったです。どうも間抜けに見えます、演出が。戦闘シーンはCGを多用していましたが、天神山城から援軍の景勝勢が遠望して、「本丸だけじゃ」と絶句する箇所はまあよかったと思います。よく古文書などで「巣城ばかり」という表現が見られますが、きっとそんな感じだったのでしょう。
史実の直江兼続の生涯を概観した場合、明らかに前半の山場は魚津城をめぐる織田勢との攻防でしょう。実際に、兼続が籠城するわけではありませんが、魚津城将十二名は死を決意したことを兼続に告げる文書が残ります。
はじめての与板衆として、志駄義秀(信太昌之)が登場しましたね。おせん(常盤貴子)から短刀と髪をことづけたシーンも原作どおりでした。セリフもありましたし、ぜひ、ラストまで義秀を出して欲しいですね。
兼続が軍師っぽく反転攻撃のような策を献じ、越中天神山城まで景勝(北村一輝)は軍を進めます。が、実際は素直に魚津城の後詰に出たところ、信濃から森長可な越後へ侵入して放火を始めたので、急遽、撤退しただけでしょう。

また、春日山、魚津、安土、備中高松と、めまぐるしく舞台が動いていましたが、もちろん本能寺の変へのカウントダウンが始まったわけですが、明智光秀(鶴見辰吾)の挙兵はあんなものでいいんでしょうか。いっそのこと、光秀は出さずに、いきなり、不意に、信長の最期が訪れるという唐突さのほうが中途半端にならなくてよいような気がしました。

【魚津城の守将たち】
文書で確認できる城将十二名ですが、レギュラー陣の吉江宗信(山本圭)、安部政吉(葛山信吾)のほか、山本寺景長(鈴木一功)、竹俣慶綱(平川和宏)、中条景泰(白川侑二朗)が登場。席次は吉江が上席のようでしたが、正しくは上杉一門の山本寺が筆頭です。若手なので実質的指導者ではありませんでしたが。
そして、吉江宗信と中条景泰は父子です。祖父と孫という関係も言われますが、宗信はどうやら景資(入道宗ァ)と同一人物。景泰はその次男です。また、文書中で確認できる寺嶋長資(ドラマでは未登場)は景資の長男であると考えられます。景勝の書状中にみえる「吉江織部父子三名」とは、景資、長資、景泰を指すのです。したがって、兼続が「吉江様」と呼ぶ人物の息子を「景泰ッ」と呼び捨てにはできないはずなのです。また、吉江は兼続とは生前、面識がありませんでした。ずっと越中在番が続いていたので、当然でしょう。


今回のサブタイトルですが、正直やめてほしかったです。魚津城攻防戦とか、いろいろあるでしょうけど。次週が「本能寺の変」ですからね。中国攻めの秀吉から信長に充てた「織田殿」というトンチキな書状でめちゃくちゃ不安になりましたが。そして、出てくるようですね、謙信(阿部寛)じゃなかった、例の明智光秀からの密書が(笑)。

守りの名将・上杉景勝の戦歴 (新書y 215)
洋泉社
三池 純正


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
葛山信吾
【メディア / 書籍 /DVD 】 本日、 NHK 大河ドラマ 天地人 第18回「義の戦士たち」 天地人 第18回 義の戦士たち 第十八回「義の戦士たち」2009.5.3そして!! ...続きを見る
同人ゲーム Guilty ランジェリーメ...
2009/05/11 17:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
どこの宇宙戦艦ヤマトですか、っていうタイトルですね(笑)
織田家なんか描かずにもっと景勝が苦汁の決断に
至るまでの苦悩を掘り下げて欲しかったです。
山本圭さんや葛山信吾さんが良い演義を見せてくれただけに・・・
中条景泰については景勝時代も春日山にいたようですし
年齢的にも兼続らと近い世代だったので
ああいう呼び方もありかとは思いますが
本来ではれば「与次(景泰)」「与六」でなければいけないんですけどね。

私の方の感想は前週の分とセットということで
トラマ
2009/05/04 13:26
たしか『北条時宗』で「あの兄を討て!」ってなタイトルがありましたな…関係ないけど(笑)。
先週のからす組に引き続き、志駄の桃形兜やら兼続の夜間水泳やら、講談の剽窃疑惑がいよいよ固まってまいりました。
鶴居村
2009/05/04 18:14
いえ、別にね、兼続を城へ潜入させてもよろしゅうございますよ。景勝のかたわらで命令だけ出していては、演出上、あるいは視聴者の主役への感情移入などいろいろ支障がありましょう。でも、まがりなりにも「家老」ですから、せめてカラス組に護衛させる(と視聴者にわからせる)ぐらいの演出があってしかるべきか、と思いました。
三楽堂
2009/05/05 19:48
初めまして。いつも楽しみに拝見させて頂いております。
兼続が「使者」になる話ですが、こう何回もやられると、さすがにしつこい気がしてしまいました。
(1)「私が使者に!」→(2)一同「無茶だッ!」→(3)「行かせてくだされ!」→(4)景勝「わかった」→(5)「さすが兼続」

いつもこんな感じな気がします。
じろー三郎
2009/05/06 02:00
はじめまして。じろー三郎さん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおりですね。演出上、やむを得ないとはわかっていても、ちょっと辟易してまいりました。なるべく「好意的に」見ていこう、と決めてはあるのですが・・・・・・

三楽堂
2009/05/06 08:58
寺嶋六三長資の子孫です。
本能寺の変が、もう少し早く起きたら
長資の自刃が無かったと思うと、非常
に残念である。そうすると、今の自分
の存在も危ないかも。
makoyan
2009/05/28 12:26
少し寺嶋家の話をします。
長資の親でる長房は山上の姓であった。
長尾影虎こと、上杉謙信より寺嶋の姓を賜った。
吉江宗信の長男である、長資が寺嶋家に入嗣に
入っのです。
makoyan
2009/05/28 12:39
織田勢と越中魚津城の戦いで落城し、自刃した「魚津在城衆12名連署状」にある、吉江宗信(天地人で山本圭が演じた)と長男長資、次男景泰、義理の従兄信景の吉江家同族4名が戦死した。長資は寺嶋家に婿として入嗣し、景泰も中条家に婿として入嗣した。戦死時の年齢は、宗信78歳、長資30歳、景泰25歳、信景45歳であった。
makoyan
2009/07/03 06:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
第十八回「義の戦士たち」2009.5.3 鎧袖初雁雑事記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる