鎧袖初雁雑事記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニアルバム「前田慶次と歩く中世東山道」20

<<   作成日時 : 2015/12/15 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

関東平野真っ只中です。倉賀野から分岐して江戸へ向かう街道(後の中山道)とはお別れです。
柴の渡しは「佐野の舟橋」があった場所とされていますが、実は和歌の名所である「佐野の舟橋」には、上野国説と下野国説があります。慶次はこちらの上野国のほうを支持しているようです。

画像


太田の呑龍様で有名な大光院です。慶次は新田(太田)に二泊しています。行程中、二泊したのは下諏訪とここ新田庄だけです。一行が新田に着いたのが十一月七日。翌八日は、市が立つ日に当っていました。それだけが理由ではないかもしれませんが、旅も峠を越えたという安堵感があったのかもしれません。
ここで、慶次たちはアヤシゲな里修験の祈祷の場に出くわします。この場面は道中日記でも有名なシーンです。ぜひ原典にあたってください。

画像


画像

新田金山城から慶次たちが滞在した太田を遠望。

(つづく)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミニアルバム「前田慶次と歩く中世東山道」20 鎧袖初雁雑事記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる