鎧袖初雁雑事記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニアルバム「前田慶次と歩く中世東山道」22

<<   作成日時 : 2016/05/20 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

十一月十日、「是ヨリ下野ノ内也」と慶次は書いていますが、実際には前日のうちに下野国に入っています。

犬伏から富田、栃木、壬生を通過して、宇都宮に到着した一行を出迎えたのは、特権商人庭林でした。
慶次は、彼を「予が旧友」と記しています。一行は庭林の屋敷に入り、酒肴をもてなされ、また風呂を馳走されるなど歓待されました。
この庭林という一族は、『信長公記』でも「宇津宮の貞林」としてその名が出てきます。

画像

壬生代官屋敷

画像

二荒山神社(宇都宮明神)

この日は、宇都宮の庭林方で一泊。この旅程の中で一番のご馳走にありついたかもしれません。
翌日は一行に鷹の子、子犬をプレゼント、さらに庭林は「鷹の鈴」を慶次に贈っています。(つづく)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミニアルバム「前田慶次と歩く中世東山道」22 鎧袖初雁雑事記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる