鎧袖初雁雑事記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【茶堂】御館の乱をテーマに講演いたします。

<<   作成日時 : 2016/06/12 01:31   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

新潟県南魚沼市図書館にて、御館の乱をテーマにお話をさせていただきます。

「御館の乱と上田庄」

7月2日㈯午後2時〜3時30分
図書館多目的室
定員70人
申込み
図書館へ電話か直接お申し込みください。


http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/116/160601_p10.pdf


こんな感じでした。きれいな図書館だった〜♪

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと機器系でトラブルもありましたが、なんとかこなしてまいりました。70名近い方々に来ていただいて、90分ぎりぎりで話を終えた後も質疑応答などで2時間近くになってしまいました。当日、聞いていただいた方々、企画・運営にあたっていただいた方々、本当にありがとうございました。
三楽堂
2016/07/05 22:31
今度は、10月の法音寺さんでの温故会例会なんですが、テーマ未定。せっかくだから、南魚沼の「御館の乱」を短縮版をやろうかなと思案中。
三楽堂
2016/07/06 23:06
お疲れさまてした。
お聞きしたかったですが、遠方故残念(T_T)
三左衛門
2016/07/09 10:39
・大変興味深い記事をありがとうございます。
No.100『メンソーレ守禮之邦』の中に、「守禮之邦」の扁額の筆者は「第二尚氏、第六代の尚永王(1559-1588)で、天正7年(1579)に掲げられたもの」とあるのですが、掲額の年次は事実なれども、はたして筆者を「第二尚氏、第六代の尚永王」と決定付ける、積極的な根拠があるのでしょうか。
お教え願えると、まことにありがたく存じます。
どうか、よろしくお願いいたします。不一。
西洋長屋の爺
2016/07/15 12:44
トピックと関係ないコメントだったので面食らいました。正確には、「扁額がはじめて(?)掲げられたのは、天正七年(一五七九)、第二尚氏・第六代の王である尚永王の手によるとされている。」と書いています。「手」の字で誤解を招くような書き方になって申し訳ありません。尚永王によって扁額が掲げられたという意です。
三楽堂
2016/07/15 20:32
・三楽堂さま

さっそくのお答えありがとうございました。

小生の“早とちり”だったようで、失礼しました。

お礼を申し述べるのが、大変遅くなり申し訳ございません。

ありがとうございました。不一。
西洋長屋の爺
2016/07/25 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
【茶堂】御館の乱をテーマに講演いたします。 鎧袖初雁雑事記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる