『上杉謙信・景勝と家中の武装』

謙信、景勝を中心とした上杉軍団の甲冑、刀剣、槍、軍旗などを豊富な図版で紹介した一冊です。上杉氏関係の刀剣・甲冑・武具の集大成。カラー写真700点以上、口絵160頁、上杉神社や個人宅に眠っていた初出資料30点、大坂の陣以前の実戦期のもの110点、新視点による詳細解説などを収録しています。
中には、海外に流出してしまい、戦前の古写真に頼るものも少なくありません。
本書でクローズアップされてくるのは、歴代藩主たちの先祖への拘りです。多くの大名が甲冑を新調するのに比べて、上杉家では、四代綱憲までが謙信や景勝の甲冑を使用しています。甲冑と言えば、春田派や明珍派(越後・関東でも活躍)などが有名ですが、本書では「村松」という甲冑制作集団の存在も明らかになります。
また、通常は非公開の掬粋巧芸館所蔵の前田慶次所用甲冑も詳細なカラー図版で見ることができます。もちろん宮坂考古館のものも収録されていますから、見比べることもできます。
難点は、武具を紹介したカラーページが、ところどころ(16p折)に挿入されているのですが、本文との連動がよろしくないこと。せめて、本文に図版の参照ページを入れてくれていればよかったのですが。通読する時は、本文と、図版のページにそれぞれ栞を挿むか、付箋紙を貼ってスムーズにページを相互参照できるようにするとよいでしょう。


主な目次構成は以下のとおり。

第一章 上杉家・上杉家中の武器・武具の特徴
    総体的特徴・上杉家・家中甲冑類の特徴・上杉家刀剣・刀装の特徴

第二章 上杉謙信・景勝の武器・武具
    謙信の甲冑・景勝の甲冑・謙信・景勝以外の上杉家旧蔵甲冑・上杉家中の甲冑
第三章 上杉家伝来の武具
    軍配団扇・馬具関係その他・馬標、軍旗・戦陣用衣類
第四章 上杉家の刀剣類
    古剣・太刀(拵)・打刀拵・腰刀・大太刀(野太刀)・長巻・槍



上杉謙信・景勝と家中の武装
宮帯出版社
竹村 雅夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 上杉謙信・景勝と家中の武装 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック